本サイトはプロモーションが含まれています

鍵盤ハーモニカ専用ホースアタッチメント唄口パーツ「NE -鼠-」

鍵盤ハーモニカホース用唄口パーツ「NE-鼠-」 Melodion
この記事は約5分で読めます。

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマスこと南川朱生さんが開発し、昨年の11月に販売された、鍵盤ハーモニカ専用ホースアタッチメント唄口パーツ「NE -鼠-」を発売と同時に予約購入しました。

鍵盤ハーモニカホース用唄口パーツ「NE-鼠-」
現在は完売していますが、再入荷通知ボタンでお知らせを受け取れます
顎や口の小さい方向け。大変軽く、顎や口、歯への負担を軽減します。弱い力で噛んでいても口から溢れづらいシェイプです。ロスのない息通りで効率的に吹奏できます。S社製の黒いホースの規格に合わせてあります。

詳しい使い方などはピアノニマスさんのYouTubeチャンネルで紹介されています。

YouTube player

届いてすぐに試奏したのですが、これがなんとも使いやすく、早くレビューしたかったものの、あれよあれよと年を越してしまいました。すみません。

演奏動画ではないのですが、つい先日公開したYouTube動画の前半のアンデス25Fの演奏で使用しています。

YouTube player

動画を見ていただけるとわかるのですが、口元の唄口がほとんど見えていないスマートな状態で演奏できています。

取り替えが出来る鈴木楽器製作所のメロディオン用唄口と並べると、吹き込む先端部分の差はあまりないのですが、それより下は幅も厚さも全く違う事がわかります。

メロディオンと唄口の大きさ比較
メロディオンと唄口の厚さ比較

そして、私が一番気に入っている部分は、唄口の先端側にたまりやすい水分の問題が解消される事。
メロディオン用には、ホースの付け根がホースよりも広く、ここに水滴が溜まりやすいのですが、「NE-鼠-」は角がない設計になっているので、演奏中に水分が唄口先端に溜まりにくい構造になっています。

写真のメロディオン用の唄口を見ていただけるとわかるかと思うのですが、私は今まで歯跡が付くほど噛み締めて固定していました。
ホースが飛んで行かないように前歯でしっかりと固定しているのですが、こうすると舌を使うフラッターを演奏途中でやろうと思うと、なかなかうまくいかず、なんならダブルタンギングですらやりにくいなと感じていました。

「NE-鼠-」は弱い力で噛んでも、唄口が吹き飛びにくくなっているので、舌や口の動きを使った奏法がとてもやりやすくなるなと感じました。

「NE-鼠-」の取り付けについてですが、本来はメロディオン用のホース唄口の先端部分を外して1段目の溝まで差し込んで取り付けます。(NE-鼠-紹介動画の使い方参照)

しかし、私はメロディオンのホースを半分に切って使っているので、きちんと入るか不安だったのですが、しっかりと奥まで差し込むと問題なく使えました。
空気が漏れない部分まで差し込んで使っています。

ちなみに、Hohner Melodicaのホース唄口も付け替えてみましたが、こちらはジョイント部分にどうしても隙間ができてしまいました。

「NE-鼠-」の紹介動画では、他社の唄口への装着の仕方も説明されていますが、基本的にはメロディオン用ホースの唄口のアタッチメントを想定されています。

Hohner Melodicaは鈴木楽器メロディオン用の唄口でも演奏が出来るので、併用しながら使っていきたいと思います。

使ってみて感じたのは、実際に鍵盤ハーモニカをいろんなシーンで演奏する当事者だからこそ作れる、こだわりの形と素材なんだと感じました。
すごくシンプルな物ですが、数ミリ違えば全く違う使い心地になるデリケートなアイテムでもあり、細部にわたって鍵盤ハーモニカの演奏のために考えられた商品なんだと使ってみるとわかります。

限定で予約販売のみだったため手にされた方は限られると思いますが、「NE-鼠-」で自分の演奏を最大限に引き出して鍵盤ハーモニカ演奏を楽しめる方が増えたらと思っております。

顎や口の小さい方向け。大変軽く、顎や口、歯への負担を軽減します。弱い力で噛んでいても口から溢れづらいシェイプです。ロスのない息通りで効率的に吹奏できます。S社製の黒いホースの規格に合わせてあります。