鍵盤ハーモニカの特定の箇所だけ打鍵(離鍵)音が気になるので原因を探して直した Hohner Melodica Superforce 37

superforce37 Hohner Melodica
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

とある企画が立ち上がりまして、これは持っておくべきかなと思い購入しました、HOHNERホーナー Melodicaメロディカ Superforceスーパーフォース 37

superforce37
ボディから鍵盤まで目を引くブラックの鍵盤ハーモニカ。アコースティックライブなどの使用にもオススメな37鍵仕様。

以前に中古で購入したSupremeコラボとは逆で、真っ黒なメロディカです。

サウンドハウスのレビューにもあるように、デフォルトのレスポンスは結構バラバラだった印象です。
というわけで、早速アゲミ調整。
アゲミの幅もマチマチな感じで、自分のお好みでどうぞっていう雰囲気が漂っていました。

調整が完了し、カバーを取り付けて試し弾きをしていると、何かつっかかる違和感が。
鍵盤をいろいろ触っていると、1箇所だけ打鍵音というか離鍵音が気になる部分がありました。

Dの鍵盤だけ離鍵する際にやたらカチカチと音がします。

なぜここだけ?と思い、カバーを再び開けて剥き身の状態で鍵盤を押さえると、今度は他の鍵盤と同じように離鍵音がしなくなりました。
何かが詰まっていたのかな?と再度カバーを付け直すとまた同じように離鍵音がカチカチ。
こんどはカバーのネジをちょっと緩めて鍵盤を押さえると離鍵音がしなくなる。

ということは、カバーのどこかが鍵盤に引っ掻かて音が鳴るのか?と開けたり閉めたりしながら色々探っていると、ちょうど該当鍵盤付近の上カバーに怪しい箇所がありました。

メロディカ Superforce37の上カバーには、下カバーにはめ込む出っ張りがあるのですが、それとは明らかに違う出っ張りがありました。
下カバーと重ねて、ここを排除しても空気室の密閉がなくなるような場所でもなさそうだったので、思い切ってルーターで平に削りました。

離鍵音がしなくなりました。

削り残しだったのでしょうか。
Amzonレビューを参照すると、メロディカはドイツの楽器メーカー ホーナー社の鍵盤ハーモニカなのでドイツ語のレビューがいくつかある中、同じような事を書いている方がいらっしゃいました。

鍵盤は圧力が異なり、そのうちの1つはマウスポインタのように押すと常に「クリック」音を出します。
Die Tasten sind vom Druck her teilweise unterschiedlich, eine von ihnen machte beim Herunterdrücken stets ein "Klick"-Geräusch wie bei einem Mauszeiger.

HOHNER SUPERFORCE 37 Amazonカスタマーレビュー

私のメロディカと同じ症状ですね。

ホーナー社のMelodica Superforce37をお持ちの方で他にも鍵盤の音が気になる方はいらっしゃるのでしょうか?

同じような症状があって検索でこの記事に辿り着いた方もいらっしゃるかもしれません。
私の場合は上記の方法で解決しましたが、メロディカの上カバーは下カバーを組み込ませるために出っ張っているパーツがいくつもあります。
安易にカバーを平に削ってしまうとカバーの取り付けが出来なくなる場合もございますのご注意ください。

あまりよくない点ばかりを書いてしまいましたが、メロディカの音はSupreme × Hohner Melodicaも合わせて、音の立ち上がり方に少し溜めがあってピアニカやメロディオンとはまた違った表情が出せるのが楽しいですね。
気になっていた離鍵音は解決したので、いろいろと遊んでみたいと思います。

ボディから鍵盤まで目を引くブラックの鍵盤ハーモニカ。アコースティックライブなどの使用にもオススメな37鍵仕様。
タイトルとURLをコピーしました